FC2ブログ
ロルフィング(R)YUI'S東中野・早稲田[Blog]
ロルファー青山結がロルフィングのこと、ボディワークのことをお伝えします☆
補助輪が外れてきた♪
ここ数カ月、身体の変化が続いています。
変化の質を一言で表現しようとすると「補助輪が取れた!」という感じかしら。
キャロルの個人セッションで大きな補助輪が取れて、その後は自然に小さな補助輪がパラパラ外れながら滑らかに繋がっていく感じです。

例えば今まで大腰筋や腹横筋などが無意識下では十分に機能できていないのを、踊る時に引き上げのテクニックでカバーしていました。テクニックは腰を守るなど重要な役割を果たしてくれますが、逆に背骨の可動域など身体の自由度を制限することもあったりして。
大腰筋が解放されて機能しやすくなってからは無意識でも下腹部が自然に程良く引き締まり、足から背骨のつながりがよく感じられ、より小さな力で効率良く身体を保てるようになっています。

過去に自分を支えてくれた力が、今はもう不要になって、もっと楽にスーッと進める清々しさ。
補助輪をつけて走り続けてきたから今の自分があるのだという誇らしい気持ち。
そんな喜びをしみじみ味わっています。
[2013/12/02 20:51] | 私の身体の変化 | トラックバック(0) | コメント(0) |
痛みを伴ったプロセス中でした
ここ2週間程、珍しく体に痛みを抱えていました。
仙骨の上の筋膜に痛みを感じたと思ったら、数日の間に左の仙腸関節付近を移動していき、
その後小殿筋や梨状筋などへ。
負傷等のきっかけは特に思い当たらないので、先月からの変化のプロセスだと思います。

客観的に身体を観察していると、昔から課題だった部分に軽い痛みや張りなどが走馬灯のように現れては解放されて変化が進んで行くのを感じました。
面白かったのは背面の筋膜がズルッと剥けるような感覚や、大腰筋がメリメリ、肋間筋がピシピシと剥がれる感覚が鮮明に感じられたことです。

これが手技の際ではなく日常生活の中でダイナミックに起きたのが興味深いです。
身体の変化って何時、どんな形で起こるか分らないんですよね。

寝返りを打てない状態がしばらく続いたのでバレエやヨガは控えめにしていましたが、
普段よりも身体への感覚が冴え、丁寧に動くことで、むしろ良いセッションが出来ていた感じがします。

今は殆ど痛みが無くなり、コアサポートが使いやすくなって、股関節や肩関節の可動域も増えました♪
[2013/11/13 02:20] | 私の身体の変化 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

RolferYui

Author:RolferYui
東中野でロルフィング、クラニオセイクラルワークなどボディワークをご提供しているアドバンストロルファー青山結です。
ボディワーク、ダンス、瞑想などを通して、人間の可能性を日々探求しています。
お一人お一人の身体に耳を傾け、その人本来の輝きにつながるお手伝いをすることが大きな喜びです。

MENU

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する