FC2ブログ
ロルフィング(R)YUI'S東中野・早稲田[Blog]
ロルファー青山結がロルフィングのこと、ボディワークのことをお伝えします☆
SEの質感
土曜日までSE(ソマティックエクスペリエンシング)トレーニングのアシストに入っていました。
自分自身のトレーニングも三浦海岸の同じ施設だったので、生徒だった時のことを思い出しやすく、当時起きていたことの理解が深まったり別の視点から見られるようになったり。
神経系の変化が人生の中に時間をかけて統合されていって初めて見えてくるものも多く、変化&理解を急がなくてもいいんだなぁと改めて思いました。
生徒さん達の素晴らしい変化にもとても励まされました。
人間の底力ってすごいな。

SEはロルファーのピーター・リヴァインが創始者であり、身体に備わった自己調整力にコンタクトするという点ではロルフィングと似ているのですが。
主に身体の構造や機能を扱うロルフィングが明晰で実用的な感じなのに比べて、神経系を扱うSEは生命体の核と向き合う感じが生々しく深遠な感じがします。
どちらの質感も好きだな~♡

SEトレーニングのディ先生は、深刻になりがちなテーマであっても、豊富な知識や経験から来る揺るぎない安定感をベースに、カジュアルに分かりやすく説明できるところが素晴らしいです。
生徒さんの質問からの展開の仕方も秀逸!
好奇心と探求心を上手に引き出していて、今回も惚れ惚れしました♡
[2019/07/28 22:32] | SE | トラックバック(0) | コメント(0) |
三浦海岸♪
7月20日から1週間、ソマティックエクスペリエンシング・トレーニングのアシストに行ってきます。
2年目の中級は扱う内容がヘビーなので、安全な場をしっかりとホールドしたいです。
自身のトレーニングの会場でもあったお馴染みの三浦海岸で、生徒さん達や仲間に再会するのがとっても楽しみ♪
晴れたらいいな。

神経系の器をじっくりと育ててきます♪
[2019/07/19 00:38] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゾーンB
バイオ2のメインテーマはゾーンBでした。
肉体のすぐ外側にあるエーテル体、感情的なエネルギーが蓄積される部分です。
トムは各ゾーンをバラバラにピックアップして扱うことはせず、健全な領域から自分の意識が運ばれるゾーンにワークしていくので、バイオ1のように包括的な内容になりましたが。

私が触ってもらった時には骨の制限に付随した感情がクッキリと現れたけれど、それに巻き込まれることは全くなく、さらっと大きなプロセスが経過しました♪

トムは感情を扱うのも上手だなぁと思って、具体的にゾーンBの制限をどう扱っているのか聞くことができて良かったです。
共鳴していると自然に起こってくること、言語化しにくいフワッとしがちな領域をはっきりと言葉にできるのがさすがです。

「通常は一生かけて開放するような感情であっても20分以上かかったことない。」と言っていたので、やはり感情を扱うのも得意なのでしょう。

トムは若い頃に趣味でトロンボーンをやっていたそうで、ボタンを押す楽器よりも音程を無限にいくらでも微調整してピッタリできるところが好きだと言ってました。
そういうセンスも職人のような精密なワークの土台になってるんだなぁと思いました。
[2019/06/11 22:35] | トレーニング受講の感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バイオダイナミクス・フェーズ2
昨日までトム・シェーバーのバイオダイナミクス・フェーズ2を受講していました。

昨年キャロルの5年間のバイオダイナミクスを修了し、トム・バイオ1が包括的な内容だったので今までの学びがまとまった感じがあって、もう参加しなくてもいいかなぁとも思っていたのですが。
馴染んだ概念なのでリラックスして聞けて、とても良かったです。
トレーニングというよりリトリートな感じでした♪

手技療法の技術的なテクニックの部分ではなく、自然治癒を引き起こすエッセンスの部分がバイオダイナミクスです。
トムがオステオパシーを学び始めた頃はそれを教えられる先生がいなかったので、多くの生徒が先生と同じことができずに脱落していったそうです。
そんな貴重なエッセンスを学べて幸せだなとあらためて感じ、気持ちが引き締まりました♪

その状態にシフトするために最も有効なのは、その状態にある時の感覚の記憶。
ミッドラインが通って、ハートがオープンしてクライアントのハートと共鳴して、ダイナミックスティルネスの静かでクリアでスウィートな質感にどっぷり浸って、感覚をリニューアルしてきました♪
[2019/06/09 23:08] | トレーニング受講の感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
郡山WS
昨日、郡山WS&個人セッションへ行ってきました。
早いもので15回目になるようです。

毎度のことながら複数名のロルファーがいる場でのセッションはとてもパワフルで、やんちゃな子供たちが走り回る中で深いワークが出来たりして楽しかったです。

帰りの新幹線の中で色々な手技療法の話になった時に、田畑さんが「やっぱりロルフィングが最強!」と言っていたのも嬉しかった。
そのとおり!

顔なじみの方も初めましての方も、ご一緒できてとても嬉しかったです。
ありがとうございました!
[2019/06/03 21:48] | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ 次のページ
プロフィール

RolferYui

Author:RolferYui
東中野でロルフィング、クラニオセイクラルワークなどボディワークをご提供しているアドバンストロルファー青山結です。
ボディワーク、ダンス、瞑想などを通して、人間の可能性を日々探求しています。
お一人お一人の身体に耳を傾け、その人本来の輝きにつながるお手伝いをすることが大きな喜びです。

MENU

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する